マインドフルネス

日常に新鮮さを取り戻す、意識的に気づいている状態とは?

見慣れた風景、遣り慣れたルーティン、オートパイロットに「心ここにあらず」で、ただこなし続ける。
 
そんな日常に、また少し違った姿勢、今のこの瞬間瞬間に、意識的に気づいている姿勢を取り入れてみます。
 
今のこの瞬間瞬間に、意識的に気づいている姿勢」がどういったものなのか体験してみるには、こんなエキソサイズも有効です。
 
 
身の回りにある食べもの、何でもいいですが、なるべく口にぽんと放り込めるようなものを、目の前に置いてみます。
 
例えば、「レーズン」。
004
 
・まずは、視覚を持って、細部に渡り、眺めてみます。表面の起伏、光の当たり具合、影の形、光のあたった部分と影のある部分の色の違い、色の違いはグラディエーションかそれともはっきりと境界があるのか、皺の曲線、皺の深さ、ごつごつとした表面をゆっくりと目でなぞってみます。
 
・次に手の平にのせてみます。重さや温度を感じてみます。重さも温度も感じないのなら、感じないということに気づいてみます。手を動かし角度を変え見え方の違いを観察してみます。もう一つの手の指で触ってみます。ごつごつしているか、スムーズか、くっつきやすいか、ねばねばしているか、触れる指の感覚を意識してみます。押してみて、弾力を感じてみます。転がしてみて、手の平の感触や見え方の違いを観察してみます。
 
・「一体自分は何をしてるんだろう?」「何でこんなことしてるんだろう?」といった頭の中の声が聞こえたら、それらにも気づいてみます。それらの声についてジャッジすることなく、穏やかに、目の前の「レーズン」にフォーカスし直してみます。¥
 
・鼻の傍に近づけてみます。匂いがするか、それはどんな匂いか、匂いがしないのならば、しないということに気づいてみます。
 
・腕の動く様子、指先の感触を意識しつつ、指で掴み、口の中に入れてみます。指が唇に触れたときの温度、湿度を感じてみます。舌が触れようとするのに気がつきます。まずは噛むことなく、舌の上に置いてみます。口の中の変化に気づいてみます。レーズンの表面を調べてみます。角、弾力。口の中の端から端まで、上方から下方へ動かしてみます。
 
・歯の間へ、レーズンを持ってきます。ゆっくり噛み始めてみます。口の中に何が起こるか感じてみます。レーズンから広がる味。ゆっくりと時間をかけて。口の中の変化、そしてレーズンの変化を感じてみます。表面の固さ、内側の柔らかさ。
 
・呑み込もうとする最初の意図に気づいてみます。
 
・最後に、呑み込みながら、レーズンが喉を通って胃に落ちていく感覚を感じてみます。レーズンのなくなった後の口の中の様子に気づいてみます。
 
 
こうして、目の前の物事に全感覚で向きあう「マインドフルな時」を持ってみます。
 
朝起きるとき、着替えるとき、階下に向かうとき、コーヒーを作る時、家を出るとき、ごみを出すとき、運転するとき、他者に出会うとき、家に入るとき、食べるとき、皿を洗うとき、風呂から上がり身体を拭くとき、階段を上るとき・・・。
 
歩くという行為にも、片足を上げ、宙を移動させ、地面に下ろし、体重を移動し、もう一方の足を上げ、と異なる動作が連なっているんですね。
 
 
余談ですが、レーズンの後、「干しいちぢく」を目の前に置いてみたのですが、我が家では普段見慣れたスナック、のはずが、「う、うわあ、な、なんだこれは!」とぎょっとする自分がいました。(笑)
006
 
このエキソサイズはマインドフルネスのトレーニングでよくされるものなのですが、友人としてみて頷き合ったのが、まさしく俳句の世界でもあるね!ということ。俳句は、まずはとにかく目の前の物事を、全感覚を通して「写生」していきます。また茶道をする友人は、茶が注がれる前に、茶碗をあらゆる角度から裏返したりとまじまじ見つめる行為に似ているとも。
 
 
 
目を凝らし、感覚を澄ますのならば、日常生活は驚きと不思議に溢れています。
 
マインドフルな時を、日常に散りばめて。
 
すると、日々見慣れた風景が、豊かな色彩を放ち始めます。
 
 
忙しく目が回る時こそ、五分でも、三分でも。
どうぞお試しあれ!
 
 
皆様、豊かな週末をお過ごしください!
 
 
 

6 Comments

  • 長岡真意子
    November 21, 2014 - 6:15 am | Permalink

    何年も前に、テッサーさんがヴィッパーサナーについての本を何冊か送ってくれたの、思い出すよ。今読み返したりしてます。ありがとうね。
     
    分かる。「瞑想」と一言で言っても、幅広くて種類も様々あるしね。今日本に一般に行き渡っているものも、宗教的だったりスピリッチュアル的なものが主だよね。
     
    私だったら、「瞑想にも色々あって、その人その人のニーズに合わせたものを選べばいいのだけれど、私が今いいと感じてるのは、仏教にルーツを持つけれど、その技法が抽出され非宗教的なものとして医療の場などで用いられているメソッドでね」とか言うかな。で、もし時間があったりその人が興味を持つようならば、その効果や瞑想時の脳の仕組みについても科学的な根拠がたくさん出てきてるし、そんな話を具体的にしてみたり、今米国や英国でどれほどメインストリームに受け入れられているかなどのデータを示してみるかな。
     
    あと、瞑想はあくまでも「手段」であって、いかにその状態を日常生活に生かせるかということが目的なんだとも伝えたいね。「マインドフル」な状態というのは、何も瞑想だけじゃなくて、身体を動かしたり、自然の中を散歩したりすることで、なれるのだとも。瞑想は、マインドフルな状態の感覚をつかみ様々試しつつ定着させるための「一つの有効な手段」という位置づけなんだよと。
     
    それと、自分には合うと感じるけど、もちろん必要ないと感じたり合わないと思う人もいるし、というスタンスで。自分がむちゃくちゃいいと思うと、どうしても「これが万人に絶対いい!」ともなりがちなのだけど、そこらへん気をつけていこうと思ってるよ。必要とする人の元に届くといいね。
     
    お互い、肩の力抜いて、道を築いていこー。聞いてくれてありがとう、ちょっと整理できた。はじけた週末をー!

  • テッサー
    November 20, 2014 - 11:27 am | Permalink

    ミャンマーの瞑想センターで学んだヴィッパーサナーがこんなふうに広まっているって、縁を感じます。
     
    先日、下の子のスクールで親向けに開かれている英語クラスで瞑想のことを話したら、ある人から「宗教?」と聞かれ、「私が特別な宗教を信じているわけではないけど、仏教にルーツがあるテクニックかなー」と答えました。あってるかどうかわからないけど。どう返事する?

  • 長岡真意子
    November 20, 2014 - 4:21 am | Permalink

    随筆もエッセイも詩も、楽しみにさせていただいています。
     
    「落ちる」といったイメージに特別の思いがあるのかしら、と言った友人の言葉、はっとさせられました。青春期に目を通した本、時代背景、またマジョリティーに反するといったような姿勢が表れていたんですね。
     
    鬱体験が写し出されていたということでもあると。果てしなく落ちていく様子、何とか落ちないでおこうともがくほどずるずると下降していく。とことんまで落ち、水面に至る音、水下へと沈む石、水底の静寂さ。そんな様子を言葉で表すことで、また少し空を見上げる気持ちを手にされたのでしょうか。
     
    シェアしてくださってありがとうございます。これから、村から出てきているネイティブアラスカンの「両親」のお見舞いに行ってきます!「父」に会うのは、15年ぶりなんです。佐々木さん、どうぞ今日も良い日をお送りください。

  • November 19, 2014 - 4:20 am | Permalink

     ほとんど読者のないブログも読んでいただいてるそうで恐縮です。
     
     「落ちる」とか「沈む」とか「溺れる」とかの、やたら多い青春期でした(笑) とくに自覚的だったわけではないですが、当時読んだ坂口安吾『堕落論』の「生きよ堕ちよ」という言葉に感応してたからかもしれません。まわりは中途半端に上昇志向の強い学生たちばかりでしたので、その反発というか一種のデカダンスで、孤独感いっぱいの時期でもあったと思います。
     
     そしてやはり、鬱体験が尾を引いていた時期でもありますね。地の底まで沈みこんで行くような鬱の独特の心理状態、怖れてもがくほどさらに落ち込むような底無し沼のような感覚。それなら、とことん落ちていく状況を見つめ続けてやろう、といった気持ちが働いていたのかも知れません。小石を井戸に放り込んで、かなりの時間差があってから、ポチョンと水面に当たる音で安心するような感覚だったと思います。

  • 長岡真意子
    November 19, 2014 - 1:48 am | Permalink

    佐々木さん、コメントありがとうございます!
     
    昨夜は「マインド・バランスな夕べ」の集まりでは、友人達と「するモード」と「あるモード」の話や実践をしてみたのですが、佐々木さんの前のコメントにあった「海泳の話」になりました。素晴らしく分かり易い喩えだねと。佐々木さんのブログにある若かりし頃の詩が好きだとおっしゃっていた方もいましたよ。「落ちる」ということに特別な思いがあるのだろうかとも。私も佐々木さんの記事だけでなく詩のアップも、楽しみにしている1人です。
     
    この「レーズンにマインドフルに向き合ってみる」エキソサイズ、取っていたクラスでも体験し、マインドフルネス関係の本にもちょこちょこ出てきます。それでも「俳句的」とはこちらでは話に出ず、どこにも書かれてはいないわけですが、まさしくですよね。(笑) 
     
    「写実主義」を確立したとされるフローベルとモーパッサンの間にはそんなやり取りがあったんですね。いつも勉強になります。同じ石畳の道を毎日行くにも、「その気になれば、毎回新しい発見があった」と。光の当たり具合も、肌に感じる空気も日々違い、季節も移り変わっていきますものね。
     
    ウォルドルフ(シュタイナー教育)のプレスクールの手伝いをしていた時のことを思い出しました。森の中を毎朝散歩するんですが、先生が「日々風景が移り変わるということを体感させたいんです」とおっしゃっていました。まつぼっくりや小枝を拾ったりと道草しながら湖までたどり着き、同じ道ですが続けていると、色彩も、風も、土の様子も、移り変わっていくのをしみじみと感じるんですね。
     
    身体に感覚を澄ますといったエキソサイズも、えーまた同じこと繰り返すわけーとも思うのですが、実はその都度その都度新しい発見があったりするんですよね。過去の映像や体験を当てはめて目の前のものを見るのではなく、今この瞬間を捉える開かれた感覚や、初心者の心持ち、大切にしていけたらなと思っています。
     
    「子供時代には、それこそモーパッサンの石畳のように、毎日、毎瞬間ごとに新たな発見の連続だったはず」
    本当ですね。子供達に囲まれる毎日、彼ら彼女達の姿勢に多くを学んでいると感じています。
     
    「瞬間が全体と繋がっているような時間」
    そんな瞬間瞬間に、より直接的に触れていくことができたら、そう思っています。昨夜は、「考え」を通して「知る」だけでなく、より直接的に「身体感覚」を通して「知る」、というエキソサイズを友人達としてみました。普段いかに「考え」を通して物事に接しているか、まずはそこを自覚してみること、そこからだねと。
     
    ありがとうございます。佐々木さん、今週もどうぞ良い日々をお送りください!

  • November 17, 2014 - 4:47 pm | Permalink

     読んでいて、これは俳句的な「気付き」の手法だなと思っていたら、やはり後段で触れられてましたね。
     
     私が思い出したのは、フーローベルとそれに師事したモーパッサンの逸話でした。これといって具体的に教わるわけでもなく、毎日フローベール宅にまで同じ石畳の道をテクテク通って、そこで茶飲み話などして帰るだけ。唯一フローベールが指示したのは、毎日毎日、通ってくる石畳の道の様子を書けということだけだった。
     
     同じ道を同じ時間に通って、毎日変わったことなど書けるわけがない。それでも石畳にあたる日の光の微妙な変化の様子や、めずらしい形の小石を見つけたり、石畳に具体的な動物に似た形を見出したりと、その気になれば、毎回新しい発見があったということです。
     
     思いだしてみれば、子供時代の時間に比べて、大人になってからの時間は年々速く過ぎ去っていきます。パターン化した日常のなかで、なんら経験・発見をしなくなってるからでしょう。子供時代には、それこそモーパッサンの石畳のように、毎日、毎瞬間ごとに新たな発見の連続だったはずです。記憶の内的な時間は、時計で測るようなものではなくて、そういう経験の瞬間の連続によって刻まれるものでしょう。
     
     俳句も、そのような瞬間の発見、経験を、五・七・五の文字に乗せるような作業ですね。写真で言えば、すばらしい瞬間のスナップショットを撮るようなものでしょうか。そして、その瞬間が全体と繋がっているような時間ですね。実存といい、現象学的還元といい、純粋経験といい、みなそういう難しいものではなく、瞬間の隙間から垣間見る「あるがままの世界」に肌を接するようなことを指しているのだと思っています。

  • Leave a Reply to テッサー Cancel reply

    Powered by: Wordpress