「子どもとの関わり方講座」の様子と参加者の声

「子どもとの関わり方講座」

集まっていただいたみなさんの間に、

温かいつながりの生まれた空間でした。

 

子どもさんたちも、スタッフの方々

Tamakiさん とTREEさん)がみてくださり、

同年代の仲良しさんも生まれましたよ。

 

 

以下、

一部の参加者さんの声です:

 

Y.N.さん

とても学び多き時間になりました。子どもに感情的になってしまう自分がとても嫌いだったのですが、お話をうかがって、自分でもよい循環を意識的に作っていけると希望がわきました。また、お母様方と交流させていただけたことで、自分の気持ちを客観的に感じられたこと。またアドバイスをいただけたことがとても嬉しかったです。

 

M.Tさん

参加者同士で自分の体験や意見をシェアできるのがいいと思いました。話しながら聞きながら新たな気づきが自分の中でわきおこってくるのがいいですね。安心・安全な場だからこそリラックスできて自分の中から生まれるものがあるんだと思います。ありがとうございました。

 

M.M.さん

自分の行動・思いをたくさん振り返り、お話を伺いながら、前向きな反省・確認ができました。特殊な反応をする子なので、一般的なセミナーでは実際のところ打ち明けることすらためらわれるのですが、まいこさんには「どん引きされない安心感」があり、実りある時間を過ごせることに感謝です。

 

C.M.さん

ふわっと考えていたこと、こうなのかなと思っていたことが、具体的に整理でき、とても勉強になりました。

 

A.K.さん

「子どもの性質リフレーミング」全てがまさに!!と興奮しました。「誤ったゴール」の表や、その他の内容の一つ一つにインスパイヤされ、共感、疑問が次から次へとわいてきて、話したい聞きたいことが沢山!!でした。

 

N.Nさん

脳の仕組みのお話が、へーと納得でした。長女が自分を責めやすく負の感情にとらわれやすいので、相手の感情にも目を向ける手段として使ってみようと思います。

 

C.W.さん

つい親の考えを押し付けてしまうことが多かったので、自分で考え自分で決めさせることをしてみようと思いました。長女は自分の気持ちを押し込めて我慢してしまう性格になり、次女は反抗心が強くなってしまったので長男には同じてつをふまないようにしたいです。

 

R.N.さん

「なぜ、この子はこうするのだろう?」(を理解するための)性質・特性に孫3人が当てはまる部分がほとんどです。裏返せば、たくさんの良い面を持っているということですね。孫を観る目も変えられると思いうれしくなりました。

 

M.T.さん

講座2は、ワークも多く普段の生活を振り返るいいきっかけになりました。トーマス夫妻の4つの性質も%で見るとなるほどと思いますし、子ども達への対応も我が子だけでなくいろいろな子を知って理解することがまず大切ですね。また最初の(観る)ワークは、初心に戻るのにとても有効です。

 

C.S.さん
2回目の受講でした。対応でなく反応ばかりしていたと思います。なぜ、そういう行動を起こすのか、考えると少し一呼吸おいて考られると思いました。長男の挨拶しないことをシェアしたら、たくさんのアドバイスをいただき、嬉しかったのと、気持ちが楽になりました。ありがとうございました。

 

 
以下は、参加者の方からのメールです。
「子どもとの関わり方講座が、必要な方に届く機会になったら嬉しいです!」と掲載を許可してくださいました。
 
「子どもとの関わり方講座1と2」を受講してくださったC.S.さん
「真意子さんの講習会を受けて、子供への関わり方が変わってきたと感じています。以前はやってくれないこと、してほしくないことばかりで、イライラしていました。
 
今もイライラしてしまうけど、どうしたらいいのか子供に聞いたり、一緒に解決策を考える投げ掛けができています。すると、とたんに素直に話を聞いてくれたり、お約束を守るように自分で決めたりして驚きました。そして、なんだか楽だなって思うことが増えました。これが、いい循環なんだなって思います。
この感じを忘れないよう、また講習会に参加して勉強したいです。来月が楽しみです。また、よろしくお願い致します。」
 
 
「子どもとの関わり方講座1から4」を受講してくださったM.T.さん
「今日はありがとうございました😊
2講座連続はヘロヘロになるかな⁈という予測は裏切られ、気持ちも満ちて体は軽く、心も体も充電させていただきました!
 
実は、今日は長男の誕生日でした。
(中略)
 
親になった記念の日に、子供との関わり方講座を受講できたのは幸いでした。
親として特別な感情と記憶が蘇る日に、家族の振り返りや思春期を迎えた子供たちとの今後のあり方を
考えるのにタイムリーで且つ大きなヒントをいただきました。
講座で学んだこと、皆さんとのシェアで気づいたことを実践して試行錯誤や時間の熟成も楽しみです。
 
封建的な親に反発しつつ、実は私も管理的なところがあることを、今日のワークでも再発見…
そして、マイコさんが何度かおっしゃってた「家族は問題が起きた時に一緒に考え解決していく仲間」という言葉が、今日の私の心には一番響きました。これからの我が家のあり方の指針になりそうです☺️
 
講座の1から4まで受講して、また来月以降の受講も楽しみです。
日々意識して、筋トレのごとくトライしていきたいです。自分を満たしながら、ですね。
 
今日はありがとうございました。
交流会も楽しみにしております✨」
続き記事
 
「講座1-4」と「ひといちばい敏感な子講座」をとってくださったE.M.さん
「今日は素敵な講座をありがとうございました。

真意子さんのあたたかな雰囲気でリラックスして学ぶことができ有意義な時間でした。

講座の後、アドラーを学んでた時と同じ感覚が久々に蘇って、息子との時間が昨日までよりも愛おしく楽しくて穏やかでした。この感覚からちょっと離れてたんだなと感覚として体感できたことも良かったです。

かなり忘却の彼方へ行ってしまっていた、どう反応するかは自分で選べるんだということを思い出させてもらいました。イーッとなったとき実践してみます。

話し合いに救われている参加者さんもとても心に響きました。

素敵な時間をありがとうございました。」
 
他にも次の記事の文末等に講座の感想を載せてあります:
「HSP/HSCはギフテッド」とエレイン・アーロン氏:「敏感さ」という「ギフト」を生かす道のり
子どもが「不登校」になったらしたいこと&ひといちばい敏感な長女の選んだ進学先大学
 
 
 
また、次のようなイベント提案もいただいています。
・子ども向けアートサイエンスや英語などの講座
・参加者の子ども同士で外で思いっきり走り回る集まり
・勉強法について学ぶ会
・マインドフルであることを学ぶ場
 
将来的に、検討していきたいなと思っています。
 
 
そして、
「何度でもいつでも参加できるというシステムは、
子育て最中の親として、とてもありがたいです」
という言葉をいただいています。
 
(『ユア子育ちスタジオ』会員になっていただきますと、
6月までの講座にいつでも好きなだけ参加していただけます)
 
12月も、講座や交流会への参加予定をされていた会員様9名ほどが、
ご本人やお子さんが急に体調を崩し、参加延期となっています。
 
みなさんも、風邪の時期、どうぞお気を付け下さいね。
 
これからも、共に学び、
そうした親子の歩みを、
温かく励まし合えるような場を築けますよう
精進していきます。
 


「子どもとの関わり方講座」&「子育ちコミュニティー」について → 講座&会員案内

講座内容詳細についてなどのQ&Aはこちら → 講座&会員についてのQ&A

お申し込みはこちらから → 申し込みフォーム


 
赤ちゃんのいる空間の幸せ。

みなさん、喜び見出す日々を!

Powered by: Wordpress