風景・旅

キャンプ、快適さを少し手放し見えるもの感じるもの

米国独立記念日の週末、

天気予報も快晴続き。

 

キャンプ用具積み込んで、

出発!したものの、

アンカレッジから三時間ほど南へ行ったあたり、

キャンプ場、

お目当てのところどころか、

どこもかしこもぎっしり。

 

地図片手に、

九時間近く。

気がつけば夜九時!

 

「今から家に戻ったら、真夜中には着くか・・・」

なんて言い始めた頃、

携帯電話口に、

「今夜? 空いてますよ、飛びっきり眺めのいい場所」

 

友人家族と歓声上げて。

 

 

キャンプ場めぐりのおかげで、

今まで知らなかった「ここ、戻ってきたいね」という場所もいくつか見つけ。

Skilak湖

013

沿いの

019

キャンプ地などなど

 

黒熊や、

004

ムースの親子にも出会い。

008

 

夜十時、Ninilchikのキャンプ地到着!

海!

029

テント立てて、

031

火焚いて、

036

ぺこぺこのお腹にカレーライス染み渡り、

マシュマロ焼いて。

043

真夜中の夕焼け。

243

 

 

翌朝、

082

敷地内、

080

探索。

052

オヒョウ釣り船も出しているプライベートキャンプ地。

収穫ずらりと並ぶ。

098

船長さんが、

オヒョウが吐き出したというカニをくれたり。

095

 

ビーチ

213

走って。

210

群れなす

229

カモメ!

221

 

 

テントを丘上へ引っ越し。

065

ここを拠点に、

237

南へ北へ。

 

 

「道の終わり(The end of the road)」と呼ばれる地Homer。

100

高床式の建物並び。

106

海に遊んで、

123

釣りして。

156

こんなの(flounde:カレーの一種)や

148

こんなの(なんでしょう?)

161

釣る人ちらほら。

ヒトデも釣れてました。(笑)

145

 

この流木、

焚き火にもってこい!

と集め。

168

輪になって何してるかと思ったら、

173

見つけた鳥の死骸の墓作り。

175

RIP:Rest In Peace

 

 

Kasilof川。

258

キャンパーで旅するもう一友人家族合流し、

272

ランチ。

カヤックに、

261

釣りに。

308

飛び込んで

293

泳いで、

298

暖まって。

303

眠って。

323

 

食事。

たっぷりレモンかけて、

176

胡椒振って、

181

バター溶けるアスパラガス。

185

キャンプのデザート定番

スモアー、

326

マシュマロとチョコとグラハムクラッカー。

ガツンとくる甘さです。

 

火を焚き続け、

流木何度か集めに出かけて。

250

 

 

 

 

 

これだけの水で

手と顔と食器どう洗おうか?

これだけの木材で

どれくらい料理できるかな?

砂埃や煙の匂い染み付いたまま

雨風に震え

寝袋に滑り込み

 

電気・ガス・水

ふんだんに使い

温かいシャワーに風呂に

温度調節された快適な空間

 

そんな「普段の快適さ」を少しだけ手放し

見えるもの

感じるもの

 

潮風に包まれ

夕陽に染まり

半月見上げて

 

また来ようね

そう何度も出る言葉

 

大きな怪我もなく

戻ってこられたこと

感謝!
 
 
 
 
 
 
 

ブログランキングに参加しています。
お手数をおかけしますが、
下の「子供の成長」のボタンをクリックしていただけるとありがたいです。
感謝を込めて!

にほんブログ村 子育てブログ 子供の成長へ

2 Comments

  • 長岡真意子
    July 10, 2014 - 2:23 am | Permalink

    mirumiruさん、読んでくださりコメントありがとうございます!
    私も、大自然の風景から日々力をもらっています。果てしなく連なる山脈、きらきらとどこまでも続く水平線、それまではまりこんいた枠が、ぱっと広がるような気持ちになることがあります。
    それは、mirumiruさんのおっしゃる「心が洗われ」「別の自分に生まれ変わる」ように感じる瞬間とも言えるのかもしれません。
    これらの風景を内に、今日も一歩一歩踏み出していきたい、そう思っています。
    いつもありがとうございます。残りの週も素晴らしい日々でありますように!

  • mirumiru
    July 8, 2014 - 4:37 am | Permalink

    お帰りなさい。私まで一緒にキャンプに行った気分になりました。ありがとうございました!
    日常の些細な出来事に悩み苦しみ、もがく自分を何てチッポケなんだろうと感じられた数々の写真。
    アラスカの大自然と戯れる大人と子供を見ているだけで、心が洗われるようです。
    実際に自分がその場に立つと、別の自分に生まれ変われるような気がしてなりません。

  • Leave a Reply

    Powered by: Wordpress