マインドフルネス

誰もが手に入れられる幸せへの鍵? マインドを整える習慣

021

2010年の科学雑誌「Science」にこんな研究が載りました。
 
マインド(思考・感情)をワンダーさせることが幸せから遠ざかる原因?
 
マインドをワンダーさせることは、人間だけに与えられた能力。他の動物達は、目の前の物事から離れ、空想に耽ったり、白昼夢をさまよったり、過去や未来へと旅立ったりということはできません。そしてこのマインドをワンダーさせることが、人類というものを進化させてきた。様々な学び、理由付け、計画というものを生み出してきた。ところが同時に、このマインドをワンダーさせることこそが、人を幸せから遠ざけるものでもあるのかもしれない。古代から様々な宗教のコアには「マインドをプリゼント(今この瞬間)に保つ」という教えがある。それは確かに、幸せの鍵になることなのかもしれません。
 
といった内容の、ハーバード大学研究者によるものです。
 
マインドをワンダーさせる、確かにそこから様々なアイデアも生まれ、想像により引き起こされる不安などから、様々な予防や改善に向けての動きも可能となり、人というものを進化させてきた。それでも、この解き放たれたマインド(思考と感情)こそが、同時に、人を不幸にもすると。
  

 
 
私自身、体験から、このことがとてもよく分かります。
 
子供時代から空想(妄想)の世界にいがちな子で、皆が平気で上り下りする遊具なども恐くてだめ、暗闇も恐くて毎晩ベッドから抜け出し母親の部屋に行き、恐い映像なんてものも大の苦手で、ニュースで地震の映像を見ただけで一ヶ月ほど毎晩寝られなくらい不安感が強かった。それで三十代初めに、とうとう不安感マックスとなり夜も寝られずパジャマのまま裏庭を徘徊、このまま私は廃人になってしまうのじゃないかというところまで行ったのですが、これはまさしく今振り返ると、マインドがワンダーしっぱなし、「マインドのやりたい放題」に振り回されていた典型のように思います。
 
私自身日常生活もままならない状態から戻って来られたのは、マインドの奥底に「温もり」を見出した体験が要にあるのですが、もう一つ、普段常にあちらこちらからプリゼント(今この瞬間)に戻してくれる五人の子供との生活も大きかったように思います。
 
また例えば、欝的に落ち込む状態というのは、私自身も体験してきましたが、ダウンスパイラルな思考を止められない状態とも言えないでしょうか。私なんか私なんて私なんか私なんて、あれもだめでこれもだめでもうどうしようもなくて、過去から未来からだめな自分が津波のように押し寄せ、果たしてこんなだめな自分が生きている意味なんてあるんだろうか? そう「マインドのやりたい放題」に翻弄されている状態。
 
 
上の研究によると、ネガティブな空想をした場合だけでなく、より楽しく喜ばしい空想をした場合でさえ、プリゼント(今この瞬間)にフォーカスした場合よりも、「ハッピー感」が減少すると報告されています。プリゼントにフォーカスする、そうすることで人はよりハッピーで健やかになる、そんな科学的エビデンス(証拠検証)が多く出てきている。それがここ何十年の間にマインドフルネスなどが様々な分野で認められつつある理由でもあるのでしょう。
 
そして私自身、この「プリゼントにフォーカスすることで増すハッピー感」というものを、ひしひしと実感しています。
 
 
 
マインドフルである状態とは、私自身、「自身の思考と感情の動きに気づいていること。そして逸れていく思考や感情をジャッジすることなく、穏やかにプリゼントにフォーカスをシフトさせる」だと思っています。
 
プリゼントに戻ってくる力、それは体験する多くの方が言うように、「筋力」のようなもの。鍛えることで強くなっていくといいます。「やりたい放題」のマインドから、今この瞬間へと引き戻す力を鍛えていく。マインドフルネスは、確かにその一つの方法なのでしょう。
 
そして「瞑想」というものにも様々な種類があると言われますが、私自身が理解しているのは、何か神秘的な体験を目指すとか、神秘的な力を得るとか、そういうことではないんですね。ワンダーするマインド(思考や感情)を何度も何度も、それこそ子犬に「お座り」を言い聞かせるように、プリゼント(今この瞬間)へと引き戻す。そう繰り返すことで、プリゼントへと戻る「筋力」を鍛えるためのものです。
 
 
 
人類を進歩させてきた、この目の前の物事から離れマインドをワンダーさせる能力。ではプリゼントにフォーカスするとは、その能力を削ぎ落とすということ?ならば目の前の食べ物をせっせと巣へ運ぶアリ、自然界に組み込まれたプログラムだけに従うアリと、プリゼントにフォーカスし続けるヒトと、どう違うのというのか?
 
ヒトというのは、プリゼントにフォーカスし続ける訓練を通し、マインドワンダーとプリゼントの間をより自由に行き来する力を手に入れることができる、ということなのだと思います。
 
「マインドのやりたい放題」に翻弄されっぱなしでもなく、アリのように目の前の物事のみこなすだけでもなく。マインドに呑み込まれず、マインドをワンダーさせる能力をより生かせるようになる。
 
 
それは何も修行を積んだ聖職者といった特別な人々のことではなく、少し関心を持って実践してみることで、「以前より操る力がつき、よりハッピーになる」と感じる人々が多くいる。世界中様々な医療センターや、インテルやグーグルなどの企業や英国議会などでもマインドフルネスが用いられるようになってきている。最近も、二十年ほど前癌治療をした後、医療機関でマインドフルネスを学び、それ以来実践し心身ともにハッピーといった効果を実感しているという初老の女性に出会いました。皆、社会の中で、普通に職業を持ち、暮らしている方々です。
 
最近の記事(日本語)からの引用です:
 
「インテル社が導入、『瞑想で業績を上げる』マインドフルネスプログラム」 The Huffington Post  2014/07/17
 
最近ではEI、リーダーシップ、エンゲージメントを高めるメンタルトレーニングとして、Google、General Mills、Target、など大手各社やハーバードビジネススクール、クレアモント大学でも採用され、注目を浴びている。(ハフィントンポスト2013年7月8日の記事より)
 
マインドフルネスは、健康(免疫力↑、痛み・炎症↓)、メンタルヘルス(うつ、不安症、ストレス↓)、人間関係(EI・思いやり↑、寂しさ↓)、自己管理力(感情の制御、内省力、注意力↑)、生産性(集中・注意力、記憶力↑)などの効果があることが科学的に実証されている(Psychology Today 2013年9月11日”20 Scientific reasons to start meditating today”より)
 
そして重要なのは、このマインドフルネスの状態を創る能力は、トレーニングによって誰もが改善できるということである

 
引用終わり

「グーグル、ゴールドマン・サックス・・・ なぜ企業はマインドフルネスに取り組むのか」Harvard Business Review  2014/ 08/ 27
にも、様々な企業が採用している例が載っています。
 
 
 
誰もが手に入れられる幸せへの鍵とは?
 
今この瞬間にフォーカスする力を鍛えること
、これが「一つの方法」と言えるのかもしれない、マインドフルネスの実践を通し、感じています。
 
不安感の波に押しつぶされていた子供時代、呑みこまれぼろぼろになっていた過去の私自身に、マインドをトレーニングする習慣を身につけさせてやれたら、そうしみじみと思う今日この頃。日々気づきに溢れつつ、私のように必要ととする方達に少しでも伝えられるよう、実践トレーニング、続けていきますね。
 
読んでいただきありがとうございます。
 
皆様、よい週末をお過ごしください!
 
 
 

5 Comments

  • 長岡真意子
    September 19, 2014 - 11:12 pm | Permalink

    佐々木さん、コメントありがとうございます!
     
    「真我」と子供に名づけた知り合いがいたのを思い出しました。「真我」は「大我」と同じような位置づけと聞きます。仏教では、「世界全体と繋がっている我」こそが、真の我ということになるのですね。
     
    「小我であるエゴを突き詰めると、他者との葛藤が現れる」、それでも宗教や法がそれらを解決するかというとそうもいかない、そこで仏教では、「大我」という全体と調和した存在が、己の内に本来存在するという世界観が持ち出されてくると。
     
    一人一人の内に、個人を超え全体と調和する場が本来備わっているという世界観は、私自身感覚的にとてもしっくりきます。古代から様々な宗教のコアにある教えですね。
     
    過去未来と貫く「絶対的な善悪」などなくて、あったとしたら、それは確かに、観念的な思考の中のこと。今瞬間その都度の善による、それが「あるがままに同期すること」でもあり、そこに自分でもびっくりするようなびっぐな大我が現れると。
     
    この「一寸先の分からなさ」に不安感が生まれもするのですが、確かに、そこに「ソースに至る深い安心感」があるのならば、前にも後ろにも足場の見えない瞬間へと、飛び立っていけますね。
     
    とても深い感覚を、言葉にしていただいた気持ちです。
     
    blogosの記事の方、読ませていただきました。同じ筆者の方が、「米財界で禅が主流になった?教育、ビジネス、社会を変える「マインドフルネス革命」の兆し」Blogos http://blogos.com/article/94073/というようなものも少し前に書かれているのですね。次のこちらでの記事にも少し紹介させていただきました。
     
    こうして一気にブームのようになってしまうと、すたれるのも一気になってしまうのではないかと思ったりもしますが、マインドフルネス自体は長い歴史を持つもの、波の満ち引きに関係なく、進み続ける人々の群れがあるのでしょうね。
     
    ありがとうございます! 佐々木さん、週末、ゆったりとお楽しみくださいね。

  • September 18, 2014 - 9:32 pm | Permalink

    日本語サイトでもマインドフルネスの紹介記事が出始めました。ビジネスユースの初歩的紹介のようですが、ご参考までに。

    http://blogos.com/article/94737/?p=1

  • September 18, 2014 - 5:33 pm | Permalink

     「全体から隔たれている」という状況を、佛教では「大我(たいが)」と「小我(しょうが)」という言葉で説明してましたね。われわれが普通に思っている「エゴ・自我」といったものは小我とされます。「全体から隔たれている我れ」ですね。そのエゴを突き詰めていくと、必ず他者との葛藤が現われます。それを調整するのが宗教であったり法(law)であったりするんですが、どちらもなかなか馴染めません。
     そこで佛教では大我というのを持ち出してきます。大我とは、他人も自己も一緒に飲み込んだような我れであって、世界全体とつながっている我れなんですね。仏性とか悟りとかいろんな言葉で言われますが、はてどんなものか経験してない限りさっぱりわからない。もっと単純に、狭いケチな利害に捉われてる我れ(小我)をおっぽり出して、自分勝手にやって出てくるものにその都度対応すればいいじゃないか、と考えるようになりました。固定的な善と悪などないし、その都度のより善なことを選ぶ感性の方が大事だと思いました。
     カッコよく言えば、その都度の今あるがままに同期するってことでしかないんですねw そのときに素晴らしい大我が顕現してくる。思っているよりもっとすごい自分があるってことです。これは事前に説明する方法がないし、その「自分」を信じて遂行していくしかないでしょう。おっしゃるように、実践体験を通し「ソースに至る深い安心感」という感覚を得るしかないでのしょうね。
     もちろん、その結果をトレースすれば、それなりのエビデンスは得られると思います。とまあ、こんなことを考えてたりします。

  • 長岡真意子
    September 18, 2014 - 10:39 am | Permalink

    佐々木さん、コメントありがとうございます!
     
    私が佐々木さんにお会いした二十年ほど前とは、この「超人」ニーチェ時代を謳歌されてからのことだったんですね。当時、様々なことを教えていただき感謝しています。
     
    「自分勝手」というのは、「我がまま」とは違い、自身と他者の「あるがまま(プリゼント)」を受け入れることにもなり、「自分勝手」に振舞ってみることで、「自在にマインドはワンダーしながら、必要とあらばいつでもプリゼントにフォーカスを実践していたとも言えるかもしれない」というの、なるほどーと思いました。
     
    「バッシングより、かえって面白いと相手にされた」というの、まさしく!と佐々木さんの当時の様子を思い出します。
     
    そこに至るまでの、「丸山療法」や仏教雑誌を読むなど禅仏教にはまられたという若かりし頃の様子、佐々木さんが、そういうところを通られているとは全く知りませんでした。佐々木さんの奥深さの所以を見させていただいた気持ちです。シェアしてくださってありがとうございます。
     
    米国のマインドフルネスの流れというのは、いわゆる「さとり」とも呼ばれることのある「プリゼントにフォーカスした状態」というのが、「ヒトの心身にとってヘルシーである」という科学的研究に基づいているようです。
     
    「さとり」というと、どこか遥か遠いところにあるようで、長い間修行を積んだ特別な者のみがたどり着ける境地と感じますが、もし「さとり」を「プリゼントにフォーカスした状態」とするならば、五感や呼吸にフォーカスしてマインドワンダーにはまり込んでない状態に自ら整えるということは、誰もがちょっと集中すればできてしまう。それこそ仕事の合間や台所で料理中やの「リフレッシュメント」として用いていきましょうよというのが、マインドフルネスでもあると感じています。
     
    宗教的で深遠に感じる「さとり」の世界が、医療機関やカウンセリングの場などで、「よりヘルシーになるために有効」と合理的に切り取られ用いられ。二分間瞑想でプリゼントにフォーカスし、今日も朝からすっきりクリエイティブに仕事に向かいましょうと、現代の流れを引っ張る様々な企業(グーグルやインテルや)が、雇用者にマインドフルネストレーニングを用いていたりもする。
     
    科学的に効果が証明されたのなら、どんどん使ってみましょうという欧米。対し日本では、やはり長い間歴史を持つ禅思想や「さとり」や「解脱」といった概念が根付いているので、なかなかこう「ポップ」にはいかないかもしれません。
     
    「このプリゼントにフォーカスすることで心身ともにヘルシーになる」についての科学的データは多くあり(トレーニングを経て何人の○○な症状が何パーセント改善といったもの)、瞑想時の脳の仕組みへの変化などの研究もありますが、ではなぜそうなるのか?
     
    「プリゼントにフォーカスした状態が心身ともにヘルシー」というところまでは、エビデンスが多くあり、それでも後の「ではどうしてか?」の説明部分は、個人的な体験を通した言葉の問題ですね。
     
    アインシュタインの「ヒトは自身の体験や思考や感情、それは意識の錯覚(optical delusion)のようなものなのだけれど、それらを通し、全体から隔たれている」という言葉などを用いて説明されているのを見かけたりします。「プリゼントにフォーカスした状態」というのは、この「意識の錯覚」から抜け、全体を感じている状態であると。そこにヒト自身のヒーリングパワーもあり、深い安心感を得るソースがあると。
     
    この「ではなぜそうなるのか?」という問いへは、今のところ「不可知な領域」であるため、こうした宗教的な説明しかできない。ここから、「なんだかとっつきにくい」なども生まれるのでしょうね。
     
    実践体験を通し私自身は、「ソースに至る深い安心感」という感覚、とても納得しています。
     
    もらいコメントでとめどなくつらづらと思いを綴ってしまいました。
     
    「女性の生涯は、昆虫の変体のように、その時期ごとに分節されている」、そうかもしれません。卵から幼虫、さなぎ、成虫。子供が成人するまでというのは、母親はさなぎ期間なのかもしれませんね。ぱーと自ら開くわけでもなく、それでも同時に内側でこつこつと自ら成虫となる準備を続けられる期間でもあり。5人が成人するまで・・・長いですけどね。(笑)
      
    読んで下さりありがとうございます。佐々木さん、今日もよい夢を!

  • September 17, 2014 - 3:22 pm | Permalink

     マインドフルネスという言葉は初見ですが、おもえば若い時期に鬱状態を経験して以来、ひたすらこういう思考を追い続けていたと思われます。押入れの暗闇にこもって、鬱固有の超ネガティブ思考でもがいてた時、なんとかしようと手に入れたのが、「丸山療法」という大正時代に開発されたという古くさい精神療法の本。
     あれもこれも自分が悪いせいだ、という根拠も無い自責の念から逃れようとあがくのだが、より蟻地獄にはまって行く心境の時に、丸山の説く「あるがままの自分を認めよ」という言葉に、ほっとする思いがした。まさしく、「ワンダーするマインド」を放置して「プリゼントにフォーカスせよ」ということです。丸山博士自身の参禅体験から編み出した療法だということであった。もちろん欝は器質的な病気でもあるので、心の持ち方だけでは快癒せず薬や物理療法も併用したが、精神的な支えになったのは確かです。
     その流れから、禅仏教にはまる時期があった。「大法輪」という佛教雑誌を講読して、部屋で線香たいて座禅の真似事。しかし知れば知るほど、自分に「さとり」なんかとうてい無理という気持ちの方が強くなった。そこであっさり全部おっぽり出して、その次がニーチェだったのです(笑)
     かって読みのニーチェだから詳細は省きますが、ようするに「勝手気ままにふるまえ!」というメッセージをニーチェから受け取ったわけです。我がままを通せば世間から排除されるという不安はぬぐえず、自然のままに出来るわけも無く、当初は世の中の当たり前に反発するという、意志的な方法でしたが、やっているうちに、思ったほどのバッシングもなく、むしろ面白い人間として相手にされる方が多くなった。それまでは、自分でも間違いなく、何の興味ももたらさない人間だと思っていたので、これは痛快な出来事でした。「我がまま」と「自分勝手」とは似て非なる部分があると思っています。我がままは、他人の我がままを許せないのですが、自分勝手は、他人の自分勝手も、しょうがないなあとおおらかに受容れてしまいます(笑)
     つまり、自在にマインドはワンダーしながら、必要とあらばいつでもプリゼントにフォーカスするという手法を、なんとなくデタラメに実践していたわけですね。そんなわけで、いまでは歳をとればとるほど、なんとなく日常を楽しむようになってます。さすがに霞を食べて生きるわけには行きませんが、必要な分だけあれば十分、雲の上で寝ころぶ久米の仙人みたいに、たまには地上の女の太ももを見て落っこちたりするのもいいかな、といった心境で過ごしてます(笑)
     女性は、自分の心と身体の関係が密接で、さらには子育てと、いやでもプリゼントに向き合わされる機会が多いでしょうね。そのぶん、心身のストレスも多いと思います。女性の生涯は、昆虫の変体のように、その時期ごとに分節されている、とある女性が言いました。その状況に合せた耐性を得るための必然なんでしょうね。これからも大変でしょうが、それなりに脱皮分節しながらプリゼントしていってください。

  • Leave a Reply

    Powered by: Wordpress