近況整理

写真で見る夏の日々、探しものは足下に

友人夫さんとロケット飛ばしな午後。

仕組みを説明して下さり。

IMG_0468

子供時代、お父さんとよく飛ばしにいったのだそう。当時と今と、全く同じキットでねと。

しゅん!と飛び立ち。

IMG_0476

パラシュート落下! を追いかける!

IMG_0488

 

 

 

長男アンカレッジから一時間ほどのパーマーでトライアスロン「Tri the Trails Triathlon」参加。

800メートル湖泳、13マイル(約20.8キロ)山道自転車、4マイル(約6.4キロ)山道マラソン。

当日朝、気温八度、雨ざーざー、風びゅーびゅー。

現地につくと、吹き飛ばされそうなスタートラインのバーナーを、何人がかりかで地面に深く埋め込もうとするスタッフの姿。

参加者二十人以下なら中止ですと受付(何百人か申し込みあったようですが)。

十四歳なんですね、保護者の方ですか?

今日の天候状態を分かってらっしゃいますねと。

 

スタート地点の湖岸に集まり始め、少し泳いでワーミングアップする人々。

IMG_0520

長男も加わり。

IMG_0511

水にしばらく浸かっていた女性一人、あまりの寒さに棄権。

結局二十八人!

「Brave Soul!(勇敢な魂)」と司会者叫び。

スタート!

IMG_0531

と思ったら、男性一人走ってきて、

IMG_0532

ウェットスーツなしで飛び込んだ~~!

IMG_0536

確かこの方だけでした、ウェットスーツ着てなかったの。

 

800メートル。

低体温症(hypothemia)が心配。

変だなと思ったらすぐに救助ボートに知らせるのよ無理しないでと伝えはしたものの。

 

あ、あれ!お兄ちゃん戻ってきた!

IMG_0556

ほっ。

走って着替え場へ!

IMG_0567

この時、ほとんど体の感覚なかったそう。

自転車二十キロ!

IMG_0580

ぬかるみ、両側崖、木の根っこ飛び出る急斜面。

後から聞いたのですが、毎年骨折者怪我人が必ず出るのだそう。

しかもこの日は天候最悪・・・。

 

同じ時間帯に自転車レースへと出発した人々が続々と戻りマラソンへと向かうものの、

長男、なかなか帰ってきません。

とうとう、長男だけが戻ってこないということで、スタッフも捜索に出始め。

トランシーバーの音響き。

夫も使った30年ものの自転車が壊れたか、どこかで怪我したか、崖から落ちたのか、熊に会ったのか、

妄想は駆け巡り。

 

そんな中、ちびっ子ミニレース始まり。

スタート!

IMG_1332

一マイル(1.6キロ)走り、

自転車一マイル。

IMG_1334

また一マイル走って、

ゴール!

IMG_1352

 

ちびっ子レース途中、「十四歳少年、いました!」との連絡。

どうやら道に迷っていたとのこと。

無事戻り、続行したいという本人の意志固く、そのまま6.4キロマラソンへ!

 

ちびっ子レース終わり、オレンジスマイル!

IMG_1371

 

皆戻り表彰式も最中、長男ゴール! 主催者の方、肩を抱いてくださり。

少人数の参加者、何ともアットホームでした。

最年少参加のトライアスロン、本当にお世話になりました。

 

帰りの車、しょんぼりな長男。

「すごいよ最後まで!よくやったじゃない」という言葉に、

「ママ、うまくできなかったときにそういう言葉を言わないでね」と。

 

温かいランチ食べ、しばらくすると少し笑顔も出、

湖から上がって冷たさで感覚ないまま走るのがいかにきつかったか、

自転車レースの半分ほどでようやく感覚が戻り始めてね、

木の根っこ突き出すぬるぬるの急斜面がいかに危険か、
着替えに時間がかかり過ぎたなどなど、

いつものように冗談交え話し始め。

来年は事前にコース見学に来て、もう少しうまくできるかな、と。

体験に感謝です。

 
 
 

海辺の散歩。

P1030335

あ、飛行機。

あの上まで行こう!と長男次男。

P1030345

 

 

友人家のランチにお呼ばれ。

台湾から来られている敬虔な仏教徒の友人お母さん、台湾のベジタリアン料理。

IMG_0592

中華ちまき、たけのこ、豆腐、台湾から持ってこられた各種干し野菜、茸などなど。

IMG_0590

身体洗われるような食事でした。

 

キッチンで作ったモヤシもいただいて。
IMG_0611
やかんに少し水をはり、mung beans(緑豆)を入れて三日ほど待つだけと!やってみます。
 
その後はジャグジーで遊び、

IMG_0607

皆で図書館。

IMG_0623

スーツケースに本詰め込んで。

 

 

 

ある夕方、

車に乗りかけた長女が、何あれ?とドライブウェイ脇に。うわっ、きのこ?

降りてみてみると、ナント! あ、あの、キノコ通の間で大人気、幻の網傘茸!

P1030221

に見える。

少し前の「写真で見る夏の日々、土の匂いに包まれて」に紹介。

早速、キノコ通友人に電話。

「割ってみてね、空洞なら本物。あとね、暗いところで割れ目が光ったら偽物毒キノコよ」と。

ぱかっ。

P1030223

きゃ~、空洞!と歓声。

トイレに行き、締め切って暗くして。

きゃ~、光らな~いと大はしゃぎ。

全部で四本。

そのまま、幻の茸探し続けていたその友人宅に赴き、おすそ分け。

P1030213

ガーリックとバターで炒めて。

濃厚でした。

P1030234

 

山火事の翌年はえることもあり、車5百キロくらい飛ばして、アラスカ内陸部まで採りに行く?

なんて話すこともあった網傘茸。

こんな自宅のドライブウェイの隣に!

P1030203

 

探しているものは、案外、足下にあるんですね。

 

 

 

 

皆様の一週間が素晴らしい日々でありますように!

Have a wonderful summer day!
 

 

 

 
 

ブログランキングに参加しています。
お手数をおかけしますが、
下の「子供の成長」のボタンをクリックしていただけるとありがたいです。
感謝を込めて!

にほんブログ村 子育てブログ 子供の成長へ

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

Powered by: Wordpress