多様性

「難しい性質」を持った子、「育つ環境」が「問題遺伝子」に勝る

198

子供は天使と言うけれど、こ、この子って・・・。

子供の言動に、そうぎょっとすることってありませんか。

こんな考え方や行動をするなんて、将来この子はどうなってしまうんだろう?

そう心配になったり。

 
 
 
確かに子供達の中には、「問題行動」を起こし易い「遺伝子(gean)」を持って生まれてくる子がいるとされています。やけに攻撃的だったり、残虐だったり、スリルを好んで自分の衝動性を抑えられなかったり。
 
それでも、これまでの研究で分かっているのは、例えそうした「問題行動を起こしやすい遺伝子」を持って生まれた子も、「育つ環境」によって、良い方向へと伸ばしていくことができる、ということです。
 
むしろ、赤ちゃん時代や幼児時代、そうして「難しい」と感じる子の方が、温かく愛情の溢れる環境に育つことで、将来、社会面や学業面で成果を収める、というような研究もあります。(こちら
 
昔はあんなにヤンチャが過ぎて周りも心配する程だったけど、あらまあ、こんな頼もしい大人に成長して! というようなことって、確かに、ありますね。
 
 

つい10日程前に発表された研究にも、興味深い結果が報告されています。

1,337人のスウェーデンの17歳から18歳の高校生に、家族関係やトラウマ体験や犯罪歴についてのアンケートに答えてもらいます。同時に、それぞれの高校生の唾液を採取し、DNAを調べます。
 
この実験で調査された「問題行動と結びつき易い」とされる遺伝子タイプは以下の3つです:
 
1.The Monoamine oxidase A (MAOA)遺伝子の活性が低いタイプ。
男性をより攻撃的にさせます。コケージャンの25パーセントがこのタイプと言います。
 
2.The brain-derived neurotrophic factor (BDNF)遺伝子の活性が低いタイプ。
攻撃的な仲間にさらされると攻撃的になり易いことが分かっています。30パーセントの人がこのタイプ。
 
3.The serotonin transporter 5-HTTLPR遺伝子の活性が低いタイプ。
反社会的で攻撃的な行動の基になることが分かっています。20パーセントの人がこのタイプ。
 
これらの遺伝子タイプとは、20-30パーセントという数字に表れるように、決して「珍しい」わけではないんですね。10人いれば、2-3人がこのタイプということですから。
 
 
この実験を率いたモントリオール大学教授Sheilagh Hodgins氏によると、
 
「3つの遺伝子タイプを持つ生徒が、家族関係での葛藤や性的な虐待体験を抱えて育つとき、より犯罪に走るケースが多くなります。それでも、これらの遺伝子タイプを持っていたとしても、ポジティブな親子関係を築けている場合は、犯罪を犯すリスクが減ります」
 
とのこと。
 
3つ全ての遺伝子タイプを併せ持った生徒であっても、温かくポジティブな関係を両親と築けている場合は、ほとんど全く犯罪に走るケースが見られなかったと言います。
 
この調査報告から分かるのは、つまり、どんな特性を持って生まれたとしても、温もり溢れた良好な親子関係が、子供を健やかに伸ばす鍵ということですね。
 
 
 
といって、「難しい特性」を持った子と日々接し、だめなものはだめと導きつつ、温もり溢れる環境を整え、良好な関係を築いていくことが、どれほど大変なことか。
 
それは、たまたま「育て易い」子を授かった親の理解を、遥かに越えた「大変さ」でしょう。
 
もう自分だけでは手に負えない!と言う場合は、カウンセラーや専門家の助けを借りるのも方法です。
 
 
そして、子供に関わる大人間でできることとは、「理解しがたい難しい子」を見かけたとしても、「親がこうだから」とすぐにジャッジして突き放すのではなく、できることは手伝い、だめなことはだめと伝えつつも、温かく見守ること、そう思います。ただでさえ大変なお母さんが、それ以上追い詰められることなく、少しでもゆったりと温もり溢れた環境を整えることにフォーカスできるように。
 
5人、それほど極端とは言えずともそれぞれの性質を持ち、それなりに、どちらの立場も体験した身として。
心がけていきたいです!
 
 
皆様、新しい週、良い日々をお送りください!
 
 
参考資料:

‘Are you genetically predisposed to antisocial behavior?’
Study of Swedish teenagers reveals how three genetic factors interact UNIVERSITY OF MONTREAL

http://ekaweb02.eurekalert.org/pub_releases/2014-12/uom-ayg121214.php

 
‘A warm, positive environment can outweigh “problem” genes’ by Gwen Dewar, Ph.D.

 
 
 

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

Powered by: Wordpress