ネイティブアラスカン

正月2日目の博物館、レゴにネイティブアラスカン物質文化に

昨日は博物館。
子供達念願だったレゴの展示会「Brick by Brick」へ。
 
 
まずは、「カーペットの床では、レゴに触っていいのよ、そうでない床では、レゴに触らないでね」と入口のお姉さんからルール確認。
018
レゴ人勢ぞろい。
003
家でも子供達、「レゴ人の変遷図鑑」を眺めるの好きなんですよね。
 
素敵なドレス。
005
ひゃ~。
006
のほほんとした表情がキュート。
012
これ、家帰ってからも何度か真似してました。
008
おめかししてどちらへ?
010
そっか、絵を描くなんてこともできるんだね。
017
これ何だか分かりますか?
024023
 
ちょっと離れてみると。
 
アラスカエアライン!
025
なるほど、写真をこんな風にブロック化してくれるソフトがあったら、絵や字も描きやすいね。
021
長男と次男、しばし制作にはまる。
019
 
 
 
2人置いて、娘達と別階の常設展示に。
 
ネイティブアラスカンの物質文化。
サーモンの皮で作ったミトン。
027
ウォータープルーフ。
 
あざらしなどの腸皮で作ったジャケット。
032
ウォータープルーフ。
 
「天才だね、当時これ考えた人・・・」と釘付けな娘たち。
 
 
アラスカ南西部仮面。
028
ほら、「ユア」。
029
「ユア」は森羅万象に宿る命の源と考えられてたのね。
 
アラスカ南東部の仮面になると、また随分違うでしょう、と見比べて。
030
 
仮面について、こちらに少しまとめてあります:「ネイティブアラスカンの世界観、使われるためにこうして生かされている」
 
その昔、アラスカ南西部の仮面について研究していました。
あの寝ても冷めても仮面だった日々。
こうして娘達と、仮面を眺める日がくるなんてなあ。
時の流れを、しみじみとかみ締めつつ。
 
 
 
常設の科学スペース「イマジナリアム」で長男次男と合流。
 
パイソンなでて。
034
抜け殻なでて。
036
温度を色の濃さで表すスクリーン。
033
ジャケット触るだけでも、その部分だけ随分と温度上がるんだね!
眼鏡な私、怪し過ぎですが。
 
 
 
夜のファミリーディナーパン。
037
博物館で押してもらったスタンプ、レゴ人の顔。BY 次男
 
 
 
正月2日目、満喫でした。
皆様、どうぞ新年お楽しみください!
 
 
 

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

Powered by: Wordpress