行事

アラスカ晩冬の祭「ファーランディー」2015

まだアンカレッジの人口が3,000人ほどだった1930年代に始まったお祭り「ファーランディー」。
 
当時暮らしていた人々のほとんどは、鉱山関係者や毛皮売買のための罠猟に従事する人々。そうした労働者の間で長い冬の終わりを祝い、スポーツ祭として始められたのが原型。
 
2012年にはナショナルジオグラフィックによって、「世界でナンバー1の冬のカーニバル」!に選ばれたそう。
 
 
今も続けられてます、毛皮のオークション。
067
こんな帽子(左)など、毛皮身につける人々熱心に。
熊の頭蓋骨が100ドル近くで落札されていて、ちょっとびっくり。
 
ミスター罠猟2015コンテスト優勝者。
111
道行く人々に握手や写真をせがまれたりと、アラスカンヒーロー。
 
 
明日月曜日に始まる犬ぞりレース「アイディータロッド(Iditarod Trail Sled Dog Race)」 のキックオフお披露目
033
毎年ウィーローからノームまで約1,700キロを行く犬ぞりレースですが、今年は雪が少なく、スタート地点がより北のフェアバンクスにずらされたそう。今冬は本当に暖かくて雪が無いんです。このお披露目会も、雪を運んできてコースを作ったぐらい。
せっせと雪を積み上げる人々。
029
道路の真ん中だけかろうじて雪道状態。
032
1週間以上ひたすら雪原を行く犬ぞりレース、明日から、がんばれー!
037
犬達も手袋足袋。
035
犬ぞりってこんな感じ(左)。その横で、ほっとココアでほっと。
056
 
 
雪の彫刻コンテストも、解けちゃって。白熊?
044
「遺跡」みたいになってるものも。
048
たぶん、三匹のヤギがらがらどん?
049
耳あて。
047
冷たそう・・・。
 
鉄道局ではミニチュア鉄道満喫。
058
モールでは、アマチュア写真コンテスト
135
 
 
階段の先には、
061
アミューズメントパーク!
 
何だか
069
懐かしい乗り物や
085
遊具楽しんで。
099
こんなの日本の祭にもあったなあ。
084
 
 
 
夕方になると、続々とこんな方々とすれ違います。
100
道沿いにすごい人の数。
102
色んなコスチューム、
121
着こんだ人々が
125
「トナカイと走るレース」
122
どどどどどどど。
118
角あるし、結構危ないですよ。
 
 
 
今年も盛り上がった「ファーランディー」、
楽しかったね。
057
 
 
 
皆様、新しい週、どうぞよい日々を!
 
 
 
 

 

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

Powered by: Wordpress