風景・旅

日本から戻った長男、日本の良さを胸に

長男十四歳が昨日、日本から戻りました。

たくさんのお土産と、お土産話を抱えて。

 

ふ~と何度もため息。

日本が恋しい・・・と。

何が一番恋しい?

何といっても、祖母と祖父と親戚の人々、そしてお世話になった方々と。
 

 

二週間、名古屋と広島を行き来し、

毎日あちらこちら連れて行っていただき、

晩は集まってご飯を食べ、親戚の子供達とお風呂に入り、一緒に眠り。

 

アラスカで生まれ育ち。

祖父祖母親戚というものをほとんど知らずに育ち。

親以外にこれほど自分のことを気にかけ、

世話をしてくれる人々と過ごすのは、

初めてでした。

 

 

 

メモリスティックに入った写真を一枚一枚説明し。

最初の日に「日記をつけなさい」と祖母に渡され、

毎日綴った日記を読み。

最後の日付の方になると、

日本を発つまであと○日、悲しい、

という書き出し。

 

僕達はなんでアラスカにいるんだろう。

日本はなんでこんなにも遠いんだろう。

おばあちゃんおじいちゃんはどんどん年をとっていく。

 

様々な縁と事情で、

今こういうことになっていて。

それでもやはり、

息子のこれらの言葉は、

私自身が何度も納得し越えてきたと思っていた

心の奥深くの哀しみを切なさを

呼び覚まします。

 

 

 

三日間通わせていただいた広島の中学校では、

先生も生徒もゆったりしていると感じたそう。

男子生徒がふざけあってズボンを下げ合っていても、

ばかなことやめなさいと先生も笑いながら止める様子に驚き。
 

こちらでは、自分のでも他人のでもズボンを少し人前で下げた時点で、

即刻停学処分ですから。
 

それでも怒るときはね、先生むちゃくちゃ本気で怒っててね。

 

日本の学校には、ルールで取り締まるというより、

先生も生徒に対して、そして生徒の間でも、

「親戚の延長」のような雰囲気があると。
 

こちらはガードが廊下に何人も立ち、

見守るというより「監視」といった様子だからねと。
 

登校初日、クラスメート全員から手紙をいただいたのも感動したようです。

見ず知らずのアラスカからの少年に対して、

クラスの勉強からクラブ活動から、細やかな配慮がされ。

 

東京で通りかがった方の荷物にぶつかると、

あちらが「すみません」といい、

シアトルで全く同じ状況にあったら、

「どこ見てんだ気をつけろ」と怒られたとも苦笑いしながら。

 

日本では、

一人一人が、より無防備で、オープンで、

個人よりはコミュニティーの流れの中にいる

そんなように感じたそうです。

 
 

日本の良さを、

日本の素晴らしさを、

胸に。

 

 

 

十二年帰っていない日本の風景、

親戚や懐かしい方々に囲まれ。

私の通った小学校中学校高校大学を訪ね、

校舎の前で微笑む長男。
 

多くの方に助けられ、

十四歳の夏、

自身の内に流れるルーツを

こうして少しでも辿る機会を与えられたこと。

感謝をこめて。
 
 
 

日本滞在風景:

 

滞在初日、ゆかりある神社を訪ね。
IMG_0661

 

境内を行く、こんな光景に衝撃を受け。
Picture1
写真を見た妹達も驚き。

 

名古屋城の金のしゃちほこ。
IMG_1928

 

親戚の子達と。
IMG_1644

 

お世話になった方々。
IMG_1345

 

広島。
IMG_0963
原爆資料館を訪ね。いただいた「はだしのゲン」全巻読みました。昨日ももう一度読み直してました。

 

墓を参り。
IMG_1025

 

宮島にも連れて行っていただき。
IMG_1239

 

買い物しようとする鹿に感動。
IMG_1241

 

中学校!
IMG_1299

 

名古屋に戻り、母の母校訪ねて。
IMG_0658
父と。

 

長島スパーランドにも!
IMG_1586

 

日本で最も高い一つ?ジェットコースター満喫。

 

食事はもうとにかく美味しくて美味しくてと。
IMG_1003

 

科学館にて。
IMG_0847
本当に、ありがとうございました!

 
 
 

ブログランキングに参加しています。
お手数をおかけしますが、
下の「子供の成長」のボタンをクリックしていただけるとありがたいです。
感謝を込めて!

にほんブログ村 子育てブログ 子供の成長へ

2 Comments

  • 長岡真意子
    May 29, 2014 - 1:53 am | Permalink

    toru suzukiさん(ちゅうりんげんさん!)、コメントありがとうございます!
    読んでくださりありがとうございます。私も涙流しながら書きました。
    本当ですね、外に出ているから見えるものがあり、そして中にいたとしても、それぞれ見えるものも違い。
    多くの方に助けられ、長男がこうして体験できたこと、彼の中でかけがえのない宝物になると信じています。
    感謝を込めて。残りの週も素晴らしい日々をお送りください!

  • May 28, 2014 - 7:58 pm | Permalink

    読んでて、何度も涙が出そうになりました。遠く離れてるからこそ日本の良さを感じられる。同じ日本人でも目の前で起こっていることは感じ方が違う。アラスカの自然の中で育った子供が感じた事は一生の宝物に成るに違いない。

  • Leave a Reply

    Powered by: Wordpress