楽観性

「子供の成長に大切な母親の楽観性」補足

一つ前の記事「子供の成長に大切な母親の『楽観性』」について、

こんな「気持ち切り替え方法」あるよーと、

メッセージやFBコメントなどいただきました。

 

1.家中の開けられるところを片っ端からあける(ドアもクロゼットも引き出しも・・・)

2.掃除しまくる(いつも家が綺麗な人にはきかない?)

3.とにかく車にのって家から出てしまう

4.アップビートな音楽を大音量でかけて飛び跳ねる(小さい子供はよろこぶけど、大きい子は母の気がふれたかと恐れる・・・)

5.脳科学者が言っていたのだけれど、脳はだまされ易いものだから、口の角を吊り上げてみると、笑顔がこぼれるような気持ちになることもある。

などなど。

 

確かに!

 

1、開放感?面白い。

2は家も効果絶大。

3も何度してきたか。

4はそんな友人の姿を見てみたい。

 

5の「脳はだまされ易い」、

無理にでも『笑顔の型』を実行しているとそういう気持ちになるというの、

聞きますね。

 

「相手の気持ちを分かるには、

相手の表情を真似てみるとそういう気持ちになる」

という神経科学者の言葉、

「共感力を育むために役立つ10のヒント」にあったのも思い出しました!

悲しい表情から悲しい気持ちに、

笑顔から楽しい気持ちに。

「型から入る」というのも時に有効かもしれません。

 

あと「出すものが返ってくる」ということもあるかもしれませんね。

トゲトゲどんよりした様子を振りまけば、

周りもそんな雰囲気になり、

太陽のような様子を振りまけば、

周りからもそんな雰囲気に包まれ相乗効果。

「空元気」だったのがいつのまにか「ホント元気」になってたなんてことも。

 

といって無理に「しなければ」と硬くなるとよけいにしんどくなることもありますから、

力抜いてできる範囲で。

 

人間なんだからどんより時期もあるものよ、

またきたトホホしょうがない付き合うか、

くらいの気持ちだと、

上がってくるのも結構すんなりだったり。

 

皆さんの工夫をシェアしてくださり、

ありがとうございました!

 
 
 

写真 by Simon Johnston (Wikimedia Commonsより)

 
 
 
 
 
 
 

ブログランキングに参加しています。
お手数をおかけしますが、
下の「子供の成長」のボタンをクリックしていただけるとありがたいです。
感謝を込めて!

にほんブログ村 子育てブログ 子供の成長へ

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

Powered by: Wordpress