ネイティブアラスカン

名前継承という慣習が教えてくれること

一昨日、
ネイティブアラスカンの「姉」から電話がありました。
「お母さんがね、
アンカレッジの病院に運ばれてくるの。
心臓発作かもしれないって」

 

村の患者さんは、
村の病院施設では治療できないと見なされると、
こうしてチャーター機でアンカレッジの病院まで運ばれてきます。

 

夜中近く、
「心臓じゃなくてね、
耳からくる症状だったみたい。
バランス感覚を整えて、
もう大丈夫。
明後日には村に帰られるって」
と連絡があり。
 

ほっと力が抜け。

 
 

翌日、
病院を訪ねました。
十四年ぶりに会う「母」。

 

二人部屋の奥で上半身を立たせたベッドにもたれ、
ベッド脇に歩み寄る私の顔を、
首を傾げてじっと見つめます。

 

「マイコです」と言おうとしたところ、
目を大きく見開いて、
「マイコー!!!」と叫び。
長い長いハグ。
三人の子供達一人一人も抱き寄せ、
名前を聞きながらハグ。

 

五人と聞いてるけど、あと二人は?
二週間ほど留守にしていて、
どうして?どこにいるの?
トレーニングで。
何のトレーニング?
子供達とは長男が赤ちゃんの時に会っただけにも関わらず、
五人一人一人の様子を気に掛けて下さり。

 

十四年前と変わらない元気一杯な「母」。

 

「ここ何年か心臓に疾患があることが分かってね、
とうとう来たかと思ったのよ。
でもねマイコ、
恐くないのよ。
七十七年。
本当にいい人生だった。
愛する子供達と孫達と夫と。
そして海外へも旅して」
そう微笑みながら。

 

子供達の方を向いて、
「将来ね、
アフリカやヨーロッパを訪ねたら、
思い出してね。
ああ、おばあちゃん、
ここに来たんだなあって」

 

ネイティブアラスカンのコミュニティーで、
ネイティブ言語・文化継承教育やソーシャルワークにと活発に活動を続けた「母」。
五十歳を過ぎて村の大学へ通い始め学士号を修得し。
六十歳過ぎてからの「海外への旅」も、
女性コミュニティー活動家団体の研修旅行でした。

 
 
 

カップルが部屋に入ってきます
「ああ久しぶり!会えて嬉しいわ」と抱き合いながら、
「姪とそのボーイフレンドよ。
こちらはね、
日本人の娘と孫達
そう互いに紹介して下さり。

 

村から付き添ってきた「姉」(アンカレッジ在住「姉」の姉)も、
食事から戻ってきます。
二年ぶりの再会。

 

皆でわいわい賑やかに。

 

スマートフォンで村の写真を見せてくれる「姉」。
八人の孫、
一人一人の誕生日会、
手作りケーキ、
初めてボートを操縦する孫、
フィッシュキャンプに干される真っ赤なサーモンの切り身、
燻製小屋、
ツンドラでベリー摘みする「母」、
「いくら」サラダ。

 

懐かしい村の風景。

 

その横で、
「母」が子供達にユピック語の「一から十まで」を繰り返し教えてくれます。

 

「お母さんの変わらずの記憶力、
周りの物事を明晰に捉える様子に驚いた」
と言う私に、
「クロスワードパズルやブレインゲームを欠かさないのよ」
と笑う「姉」。

 

一時間ほど。
「そろそろお暇しますね」と言うと、
グラスの水に指を浸し、
つぶやき始める「母」。
「姉」が、
子供達に名前を授けようとしてるのよ」と私の耳にささきます。

 

子供達一人一人の頭に水滴を垂らし、
呪文を唱え、
授ける名前を口にすると再び水滴を垂らし。

 

次女十歳は「母」の従姉妹、
三女七歳は「母」の姉(私がいただいたのと同じ名前)、
次男五歳は「母」の父の名前をいただきました。

 

一人一人の目や雰囲気から、
どの名前を受け継ぐのがふさわしいかが分かると。
子供達を見つめる「母」の目は、
目の前の子を通り抜け、
その後ろに広がる何かを見ているようでした。

 

「母」と「姉」と、
また長い長いハグをし。

 
 
 

静かな廊下を歩きながら、
「もう一つ名前ができちゃった!」
とはしゃぐ子供達。

 
 

建物を出ると、
秋の匂い。

 
 
 

かつてこの世に生きた人々が、
私達の内にも生きている・・・。
 
ユピック族の名前継承の慣習は、
大昔から脈々と連なる繋がり、

その先に私達は生かされているのだなあ、
そう思い出させてくれます

 
そして

「これまで」と「これから」を繋ぐのが、
今ここに生きる私達の踏み出す、
一歩一歩なんですね。

 

母の温もりに包まれ、
壮大に広がる風景を眺めさせていただいた、
そう感じた午後でした。

 
 
 
 
 

花を持って。
012

 

「姉」のスマートフォン。
018
サーモンの卵を湯掻いた「いくらサラダ」。

 

水滴を垂らし名前を授ける「母」。
022

 
 
 
 
 
 
 

ブログランキングに参加しています。
お手数をおかけしますが、
下の「子供の成長」のボタンをクリックしていただけるとありがたいです。
感謝を込めて!

にほんブログ村 子育てブログ 子供の成長へ

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

Powered by: Wordpress