生と死

死を前に語られる言葉トップ5

「本当にいい人生だったもの」

ネイティブアラスカン「母」の言葉が、

その突き抜けた笑顔と共に、

心に響いています。

(一つ前の記事「名前継承という慣習が教えてくれること」より)
 
そして随分前(2012年)に、

夫がメールで送ってくれた記事を思い出しました。

何度見返してもパワフルな記事です。
 

オーストラリアの看護士Bronnie Ware さんが、

余命十二週とされる患者さん達の言葉をまとめたもの。
’Top five regrets of the dying’ by Susie Steiner TheGuardian’ )
 
Ware さんによると、

人は、
死を前に人生を振り返り、

ある共通の言葉を口にするのだそうです。
 

「もっとこうすればよかった。もっとああすればよかった」
 

以下はその中で、

繰り返し語られるトップ五つの内容:
 
 

1. I wish I’d had the courage to live a life true to myself,

not the life others expected of me.

人が私に期待するようにではなく、

もっと自分自身に真実の人生を生きる勇気があればよかった。

これが、

最も多くの人が口にする後悔の言葉だそうです。

いくつもの夢が、

叶えられないままになっている。

それは全て、

自分自身の「選択」によっていたと。

 

 

 

2. I wish I hadn’t worked so hard.

これほどハードに働かなければよかった。

多くの男性から聞かれる言葉だそうです。

子供が子供であった時やパートナーとの時間を、

もっと大切にすればよかったと。

 

 

 

3. I wish I’d had the courage to express my feelings.

もっと自分自身のフィーリングを表す勇気を持てたらよかった。

多くの人が、

周りとの協調性を重んじるあまり、

自身の感情を抑え、

本当の自分自身になることが決してなかったと。

 

 
 

4. I wish I had stayed in touch with my friends.

もっと友人達と共に過ごせばよかった。

自分自身の生活に没頭し、

古くからの友情にかける時間やエネルギーを持たなかったこと。

友人達にどれほど助けられてきたか、

思い出すのだそうです。

 

 
 

5. I wish that I had let myself be happier.

もっと自分自身を幸せにしてやればよかった。

死を前に人は、

「幸せ」は「選択」なのだと、

悟るのだそうです。

それでも変化への恐れから、

古い癖にはまりこんだままだったと。

今ここで幸せであるように整えること(「成功と幸せと、今「幸せな状態」に整えるということ」
「教育をハックするというマインドセット」で挙げた心理学者Roger Walsh氏による「八項目」)、

思い出していきたいです。

 

 

 

 

死に装束をクローゼットに掛けておき、

毎朝眺め、

「悔いのないよう」

そう自身に声をかけることで一日を始める、

そんな慣習を持つ文化(ユダヤ)もあると聞きます。
 

 
「いい人生だった」
 
「母」のまぶしい笑顔を、
日々心の奥で、
見上げていきたいです。

 
 
 
 
 
 
 

ブログランキングに参加しています。
お手数をおかけしますが、
下の「子供の成長」のボタンをクリックしていただけるとありがたいです。
感謝を込めて!

にほんブログ村 子育てブログ 子供の成長へ

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

Powered by: Wordpress