マインドフルネス

仏陀は言う、自らの目でもって向き合いなさい

153

 

 

仏陀は言う、
 

「真実」を提示する誰に対しても、

批判的目を持って向き合いなさい。

そしてどんな主張や練習をも、

それら自身の真実性を(verocity)、

自らジャッジしなさい。

 

隠されていたものが明らかになった(revelation)とされているから、

伝統だから、

聖的テキストによるから

師が有能だから、

などの理由で、

それが「真実」だとは決して認めてはならない。
 

むしろ自分自身で、

健全(wholesome)だと、

非難するところがない(blameless)と、

利と幸に通ずると分かったのなら、

認め、受け入れなさい(abide in)。
 
 
 

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

Powered by: Wordpress