マインドフルネス

新しいスタート、力を抜いた努力の感覚

次男五歳、通常ならば新入生は学期ごとのスタートとなるので、来年一月の三学期から学校へ行き始めると思っていました。ところが、審査の結果から「学校に行っていればサークルタイムなどで身に着くような基本的知識がところどころ抜けている」とおっしゃった心理学者の方が、学区のプログラムの責任者に「今すぐプログラムを始めることを薦めます」と打診されたことから、話が急速に展開。
 
昨日トライアルでクラスに半日参加し、来週の月曜日から正式スタートということに。
 
担任の先生も「男の子が多くかなり活発なクラスです」と言う男の子12人、女の子4人のキンダークラス。昨日初めて覗いた教室、皆で賑やかに「ヨガ」をしていました。次男も端っこに加わり。
 
三時間後に迎えに行くと、少し強張った表情がほっとゆるまり。普段日中は静かな環境に慣れている次男、かなり刺激的だったようです。
 
末っ子の学校初日、帰宅すると兄姉も周りに群がり、質問攻め。緊張がとけるにつれ、ぽつりぽつりと話し始める次男。
 
夜になると、はーとため息。
私:どうしたの?
次男:明日(金曜日)もね、学校行きたいなあ。
私: 来週から始まるからね。
次男:でも明日も行きたいんだよね・・・。
 
あまりにも行きたい行きたいと言い続けるので、プログラムの担当の先生にメールしてみると、夜にも関わらず、すぐに「全然構いませんよ」と返信。来週どころか今朝から大喜びで、姉達と共に登校していきました。
 
三歳の時、プレスクールにどうしても行きたくないと粘ること二ヶ月、結局ドロップアウトした過去があるのですが、成長するものなんだなあと感慨深いです。まずは、嬉しいスタートです!
 
 
 
私自身にとっても、大きな転機。日中まとまった時間小さな子が傍にいないなんてことは、実は十五年ぶり!なんです・・・。
 
ちょっと予定外だった急な展開。今までよいしょよいしょと運んでいたものが急になくなり、あれっ!?と周りを見回し立ち止まり、その身軽さに驚き佇んでいるような。
 
目標を据え、細分化し目の前に並べ、一日一日少しずつ前へ進んでいきます!
 
今のところの予定:
1.子育て&マインドの調整についての情報発信
ネットを通し、そして来週からは興味のある友人達にマインドフルネスについて学んできたことを伝える集まりも始まります。
 
2.マインドフルネスのトレーニング継続
自身での日々実践。また一昨日MBSR(マインドフルネス・ストレス・リダクション・プログラム)の最初のコースが終わり、引き続き数年がかりのトレーニングを続けます。来週からは、子供やティーンに教えるためのまた別のマインドフルネス・コースも始まります。
 
色々なタイミングが重なり、自分でも少し驚いています。感謝を込めて。
 
 
 
 

新しいスタート、こんなエキソサイズを思い出しつつ:

筒状のものを用意します。

036

水筒や缶などでも。

 

しばらく力の限り握り締め、力を抜いて、床へ落とします。

037

またしばらく力一杯握り締め、力を抜いて、床へ落とす、と繰り返します。

身体のどこがどれほど緊張し硬くなっているかなど意識しつつ。

 

今度は、

しばらく力一杯握り締めた後、

力を抜いて、

その筒状のものをぎりぎり床へ落とさないくらいの状態で握るようにします。

 

筒状のものを手に持ちつつも、

力が抜けている状態。

あちらこちらに力が入り強張らずとも、

しかと握っている状態。

 

力を抜いた努力

「努力のない努力(Effortless Effort)」。

 

この感覚と共に。

 
 
 

皆様、どうぞ良い週末をお送りください!

こちらは今日、ハロウィンです!

 
 
 

2 Comments

  • 長岡真意子
    November 5, 2014 - 1:00 am | Permalink

    ロアさん、コメントありがとー!
     
    ありったけの力を込めて握り締めてみると、肩や腕や顔面まで力が入って強張るのが分かるよね。ふっと緩めてそれでも握っている状態だと、確かに「持つ」という「目的は果たしている」けど、強張りが全然違う。同じことをするのでも、どちらが長く続けられるかと言えば、やっぱり後者だよね。あと、力を抜いて持っているのならば、視野を広く持つ余裕も生まれる、必死で握っていたら、もうこの目の前の円筒のものだけしか目に入らなかったりする。
     
    何となく頭で分かっていたことでも、こうして実際自身の五感を使ってみると随分すんなり感覚として身につく、そんなことを最近よく思ってます。ありがとう!今日も一日始まったね。お互い、力抜いてがんばろー!木曜日に会えるの、楽しみにしてます。

  • ロア
    November 4, 2014 - 8:27 am | Permalink

    力は入ってないけど、目的(しっかり握っている)は果たしている。いや、力が入ってないからこそ、継続して持ち続けることができる、ということだろうか?

  • Leave a Reply

    Powered by: Wordpress