マインドフルネス

「嫌な気持ち」のメカニズム、うまく付き合うには?

IMG_1816

「マインドフルネス認知療法」で用いられるメソッドです。
 

道の向こう側に知り合いがいるのを見つけます。

大きく手を振ってみます。

ところがその知り合い、そのまま歩き去ってしまいました。

 

どう思いますか?

1.私のこと嫌いなんだな
2.あの人の気に障るようなこと何かしちゃったかな。あのことかな?このことかな?
3.急いでいてそれどころじゃなかったんだな。何か大変なことでもあったんだろうか。
4.コンタクトしてなかったのかな。
5.単に気づかなかったんだな。
 
同じ物事を前にしても、どう「思う」かは様々です。
 
一つの物事に対しても、こうして様々な「解釈」ができてしまうんですね。
 
 
そしてこの「解釈の違い」によって、異なる「感情」が生まれます。
 
1 →  悲しい。落ち込む。
2 → 不安、心配
3 → 心配
4 → あまり感情の揺れなし。
5 → あまり感情の揺れなし
 
「感情」の元を辿ってみると、自身が物事をどう「解釈」しているかに行き当たります。
 
 
嫌な気持ち、悲しい気持ち、落ち込んでいる自分に気づく時、まずはその元を辿り、様々ある解釈の中で、何を自分が選んでいるのかを意識してみるのもいいです。
 
すると、「感情にがんじがらめ」になるよりは、ああこれは「私の解釈」の問題であって、実際のところはよく分からないしと、ひとまず「判断保留」してみたり、解釈を見比べ、1や2なら改善のために何かできることあるかな、3の可能性もあるし後でメールしてみよう、単に4か5かもしれないしな、などと「選択のスペース」も生まれます。
 
嫌な気持ち、嬉しい気持ちなど、感情の元には、自身の「思考(解釈)」がある。そしてそれらの解釈は、選ぶことができる、そう思い出しいきたいです。
 
 
 
こうして、人は、普段物事を「ありのままに」捉えるというよりも、それぞれの「思考(解釈)を通して」捉えています
 
このことを自覚しつつ、普段から、少し前の「マインド・バランス」の記事に挙げた「あるモード(Being-mode)」(「うつ状態のメカニズム、どうしたら抜けられる?」参照)を培っていくのも、助けになります。
 
「するモード(Doing-mode)」、「思考を通した体験」に重きを置くのに対し「あるモード((Being-mode)」、「直接的な感覚を通した体験」に注意を向けます。
 
例えば目の前に箱があるとします。
「思考を通した体験」では:中に何が入ってるんだろう、誰のものかな、誰がここに置いたんだろう、誰へのプレゼントかな、あの包み紙の花きれいだな、勿忘草かな、勿忘草にしてはちょっと大きいかな、勿忘草と言えばこの前・・・などと「思考」の世界を飛び回ります。
 
「直接的な感覚を通した体験」では:箱の色や形や光の当たり具合や影の濃さや表面のスムーズさ、と箱自体を見つめています。
 
「思考を通した体験」では、箱を見ているようで、実は「箱」はそっちのけで、自らの「思考」の世界を浮遊しています。
 
「思考」は、過去を分析し未来への計画を練りとするために、なくてはならないもの。それでも、自身が意識し同意することなく飛び回り、やりたい放題を始め、自身が呑み込まれてしまう時、様々なメンタル面の問題が生まれる、「マインドフルネス認知療法」では、そう考えます。
 
そこで普段から「直接的な感覚を通した体験」も培うよう意識することを勧めるんですね。自らの「感情や思考(マインド)」にはまりこんでしまう状態から、よりスムーズに移行できるように。
 
 
 
「嫌な気持ち」とうまく付き合うには?
 
1.「感情」の元には、自らの「思考(解釈)」があると思い出します。そしてどんな「思考(解釈)」を自ら選んでいるのかを、見直してみます。
 
2. 普段から「思考を通した体験」だけでなく、「直接的な感覚を通した体験」も培うよう意識します。すると、自らの「感情や思考(マインド)にがんじがらめ状態」から、よりスムーズに移行する感覚が身に着きます。
 
 
 
子育てにどう生かせる?
 
日々の子育て、子供の気になる言動を前に、この子はこの前もこんなことあったしあんなことあったし、このままだったらこの先もどうなることやら、そう過去や未来を飛び回り、自らの「感情思考」にはまり込み、打ちひしがれてしまうこともあるもの。
 
1.同じ物事を前にしても解釈は様々あると思い出し、自らの選択を見直してみます。そしてそれぞれの選択肢を並べ、できることをしていきます。
 
2.また自らの「マインド(感情や思考)」が作り上げた「その子像」をこねくり回すのでなく、今目の前の子供達に向き合っていきたいです。目の前の子供達は、今この瞬間も、成長し続けています。
 
 
私自身、効果を実感しています!
 
 
皆様、どうぞ良い週末をお過ごしください!
 
 
 

4 Comments

  • 長岡真意子
    November 26, 2014 - 5:47 am | Permalink

    佐々木さん、コメントありがとうございます!
     
    「取引先からはクレーム電話、上司からはあれやこれや無茶な指示、下が起こしたトラブルの処理など、一時に集中」
    こう読むだけで、パニくってしまいそうです。(笑) こういったぎりぎりの時にこそ、普段の「あるモード」トレーニングが役立ってくると。「今できる限りのことに集中する」という「あるモード」にストンと戻ることで、優先順位もはっきりとし、現実的着実に行動していくことができるんですね。
     
    「信念を持って」説明すると、相手も納得するもの、なるほどです。腹を据え今できる限りのことを着実にやり続けているのならば、「ホームズとモーリアリティの心理駆け引きゲーム」のように、楽しんでしまう余裕も出てくるんですね。
     
    ビジネスの世界で、米国企業の35パーセントや、オリンピック選手、軍関係者などの間でマインドフルネスが取り入れられているのは、こうした「ものすごいプレッシャーの中で、責任重大な決断を下す必要があったり、結果を出す必要がある」という状況に頻繁に出会うからというのがあるのでしょうね。一瞬にして地に足をつけ、今この瞬間に最大限の力を出すための、普段からのトレーニングとして。同時にストレスを緩和させ持続も可能になる。
     
    私自身、ビジネス界やオリンピックなどからはかけ離れていますが、「子育て生活の留まることない乱打ハイプレッシャー」の中で、マインドフルネスに随分と助けられています。(笑)
     
    感謝をこめて。今日も良い日をお送りくださいね。

  • November 25, 2014 - 4:50 am | Permalink

     《普段の「あるモード」トレーニング》 これがパニくったときなどに、意外に役に立ってきますね。
     
     会社勤めしてたときなど、取引先からはクレーム電話、上司からはあれやこれや無茶な指示、下が起こしたトラブルの処理など、一時に集中したときなど、間違いなくパニック状態に陥ります。
     
     そいういうときに、頭の中で「ちょっと待てよ、お前は何をしてるんだ」という声がしてきます。そうやって「あるモード」にストンと戻れる感覚が、けっこう身についてると感じます。
     
     こういうときは、一挙に全部出来るわけないのに、一度にやらなくてはと思い込んでパニックになってるんですね。「あるモード」に戻って、いま出来ることは何か、どれを先にすべきか、その優先順位をつけるだけで、スコンと冷静になれます。
     
     あとは、その順位にしたがって黙々と処理していきます。関係者がヤイヤイ言ってきても、順番に処理してるから待てと、信念を持って言うとおとなしく従ってくれるもんです。まあ、世の中にはイノチを取られるような緊急事態は、そうあるもんでもないですし(笑)
     
     ヤクザ屋さんとの件でも、電話録音装置をセットしてからは、もうホームズとモーリアリティの心理駆け引きゲームみたいな感覚になってやれましたよ(笑)

  • 長岡真意子
    November 25, 2014 - 3:26 am | Permalink

    佐々木さん、コメントありがとうございます!
     
    病院までも牛耳られた「その道のプロ」、こんなことがあるんですね。フィクションを読んでいるようでした。
     
    ちょっとした塗装修理ですむくらいの接触事故のはずが、4人の組員の方に囲まれ車の後部座席に乗せられ、まずはものすごい威圧感を与える心理作戦。
     
    これでもう、過去へ未来への「妄想ジャングル」へようこそ、ですね。今更考えてもしょうがない「なんで~しなかったんだろう」、いくら気を悩ませたところでどうにかなるわけでもない「もしこんなことになったらあんなことになったら」。「妄想ジャングル」に迷い込みダウンスパイラルまっさかさま、時間もエネルギーも大消耗。
     
    ここで、「今できる限りのことをしよう」と「するモード」の方向を切り替えられたんですね。その時、プリゼントにフォーカスし、「あるがままを認めよ」といった森田療法や参禅の体験が生かされたと。
     
    両側にぱっくりと開いた「妄想ジャングル」にはまり込んでしまわないよう、綱の上を歩いていく、その集中力を養うのが、普段の「あるモード」トレーニング、私自身そんなように感じています。そうして妄想ジャングルで消耗しない分、最大限の力をもって「今できる限りのこと」に集中できる。
     
    そこで保険会社に詳しく対応策を聞き、会話を録音するための電話録音装置を購入し、とにかく具体的現実的に「今できる限りのことをしよう」と行動を起こされていったんですね。今できる限りのことをするなら、「電話がかかってくるのが待ち通し」くもなると。
     
    病院で退屈そうに花札をされる組員の方々、佐々木さんの姿を見て、コルセットを取りに行き装着。被害をこうむった側としては、全然しゃれになっていませんが、喜劇ですね。
     
    四人分の入院費プラス新車まで!
     
    こちらで、「保険会社お抱えの探偵」という職についている知り合いがいるのですが、医療費のクレームをした人物にとにかく張り付くんですね。ギブスやコルセットなしで、颯爽と活動しいている証拠姿を何とか押さえようと。その方がちらっと教えてくれたストーリーを思い出しました。しかし組員さんの、何とも堂々とした態度・・・。
     
    シェアしてくださってありがとうございます。「するモード」「あるモード」、こうした実際体験の文脈でとらえるのも、またストンと分かり易いですね。こちらも新しい週始まりました。今朝は子供達のクラスでの祝いにどんな食べ物を持ってくるかと親御さん達と相談、すっかり感謝祭ムードです。佐々木さんも、よい週をお送りください!

  • Sasaki,Nobuo
    November 23, 2014 - 6:09 pm | Permalink

     また私の経験を述べることになりますが、「するモード」が妄想ジャングルに紛れ込んだとき、「するモード」の方向を切り替えるという操作をするようになりました。一旦「あるがまま」の現状を認めた上で、いま出来ることだけに集中するというパターンへの切り替えがうまくなったと思います。
     
     例のヤクザ屋さんとの事故の件でして、長くなりますが笑い話として聞き流してください。車で近くを走っていてT字路で少し出すぎたときに、先方の車が突っ込んで来て少しだけボディをこすりました。ほとんど塗装だけで修復できるような事故でしたが、先方の車からスキンヘッドで刺青したオッサンが降りてきて、これはヤバイと思ったw
     
     相手の車の後部シートに乗せられて、組の代紋の金箔押した名詞を見せられて(今ならそれだけで暴対法で挙げられる行為)、先方は4人乗ってました。明らかに当られにまわっていたようで、人数が多いほど賠償額が多く取れるからだそうです。保険に加入しているのを確認されたあと、その場は解放されました。
     
     自宅に帰ってから頭がパニックになりました。これからどれだけ脅迫されるんだろうかとか、保険以上の賠償を要求されるのだろうかとか、先の不安がいっぱい。それと、なぜ当ったんだろうかと、考えてもしょうがない後悔と、後と先のことだけで、まさにプリゼントから遊離してる心理状態なんですね。
     
     そこで、取り戻せない後悔や対処できない先のことは置いておいて、今出来ることは何かと考えの方向を切り替えました。つまりプリゼントにフォーカスするということで、ここでも、「あるがままを認めよ」という森田療法や参禅の経験が参考になったと思います。
     
     さいわい賠償関係の交渉は保険会社が対応する契約になっていたので、あとは見舞いとか丁寧な対応だけして、言いがかりのネタを与えないように、とのことでした。少し安心して、あと何か出来ないかと考えた。恐らく電話してきて脅したりするんだろと思うと、電話のベルが鳴るだけでビクんとしてしまう。
     
     そこで思いついたのが、相手の脅迫電話を録音しておこうということでした。記録を保存しておけば、保険会社の交渉でも役に立つだろうし、警察沙汰になったときにも証拠になるだろう。ホームセンターで簡易の電話録音装置を売っていて、両面テープでペタンと受話器に貼り付けたコードを録音カセット機に繋ぐだけ。500円程度の投資で済んだ。
     
     こうなると、相手からの脅迫電話が掛かってくるのが待ち遠しい(笑) しかしながら相手もその道のプロ、結局こちらには一度も掛かってこずに、ひたすら保険会社の担当者と交渉にだけに徹して、あとから担当者にきくと、けっこう声を荒げるシーンもあったとか。
     
     一度だけ、4人がこぞって入院している市民病院に見舞いに行ったけど、暇をもてあまし一人のベッドに集まって花札をやってました。私が顔を出すと、一番下っ端に顎で合図して、鞭打ち固定のコルセットを4人分取りに行かせて、それから形ばかりはめていました。そもそも鞭打ちになどなりそうにもない接触事故だったのに、病院は組関係が牛耳っていたようで、痛いと言えばいくらでも入院を続けさせる状態だった。
     
     一人一日入院すると治療費が一万円、月30万×4人=120万円、それに慰謝料等で倍額の240万、それを200万にまけてやる、という先方の言い分だったらしいです。しかも乗っていたポンコツ車を新品に買い替えさせられて150万ほど、すべて保険でまかなえたので、保険さまさまでした。まあ、今となっては、すべてが笑い話ですが(笑)

  • Leave a Reply

    Powered by: Wordpress